Today is: Saturday, 22nd July 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

オウンドメディアとは何か、その強みとは

最近、「オウンドメディア」という言葉を聞くようになってきましたよね。とはいうものの、いまだによくオウンドメディアがわからないという方もいるでしょう。今回はそのような方のためにも、「オウンドメディア」とは何かについてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。
○オウンドメディアを簡単に言うと…
オウンドメディアとは、早い話がweb上で運営している「自社メディア」の事を指しています。そのわかりやすい例と言えば、企業のコーポレートサイトやスタッフブログなどが挙げられます。
○オウンドメディアの強み
・ユーザーにアピールできるコンテンツが作りやすい
オウンドメディアは他のメディアと違っていて、SNSや広告枠に依存していないので、表現のフォーマットにも制限がありません。自分たちで企画・運営していけるので、ユーザーに訴えかけやすいコンテンツ作りができるでしょう。
・見こみ客を獲得できる
オウンドメディアを作る事によって、見込み客を得やすくなります。ユーザーにとって有益な情報を与える事によって、ユーザーとの間に信頼関係が構築でき、結果的に顧客へとステップアップしてもらうというのがオウンドメディアの特徴なのです。SEOをしっかり行ったオウンドメディアの事例です。

マーケティングツールにはこんなものがあります

マーケティング活動において、企業が駆使できる手段を「マーケティングツール」といっています。これは広報活動や流通経路、価格や広告、製品などの事で、「マーケティングミックス変数」とも言います。マーケティングツールには様々なものがあるので、今回はその中でもいくつかご紹介していきましょう。
○GoogleAnalytics
最も有名なWebアクセス解析やマーケティング分析ツールが「GoogleAnalytics」です。
グーグルの持つAdsenseやAdwordsなどと連動させる事により、広告費の最適化が容易にできるのです。最近では高度な機能も装備されてきており、無料のWeb解析ツールとしては世界最強と言えるでしょう。
○AIアナリスト
AIアナリストは「wacul」というwebコンサルティング会社が開発したサービスです。
wacul社のシニアWebサイト改善コンサルタントが行っていた調査や分析のノウハウを、惜しみなくアルゴリズム化して自動分析してくれます。
具体的な改善すべきページを教えてくれて、その理由を数字で示してくれるのもメリットです。GoogleAnalyticsと連携する事によって、さらに力を発揮してくれるでしょう。
○Repro
ビッグデータ解析を使ったアプリマーケティングツールです。定量分析だけでなく、定性分析もできるのが特徴です。利用者が使っていたアプリケーションの操作動画を録画し、Repro側に送り届けます。定量的にマジックナンバー分析やファネル分析などを行った上で、
どうしてそのような結果になったのか、動画を使ってチェックできるのです。
実装も比較的簡単です。
○終わりに…
日本でもマーケティングの重要性が高まっていく中、どのようにして自分のマーケティング体制を作って継続的な成長につなげていくのかというのも大切です。その中でもツールの必要性を見極めていき、導入と活用を進めていくといいでしょう。無料競合分析ツール/はいかがですか。

SEO的なペイドメディアの重要性

みなさまこんにちは。ペイドメディアがseo的に有益な理由を今回は話していきます。
早速ですが、ペイドメディアでなにがいいか2点話します。
1点目が、大きいメディアが載せることで人の目に触れる、リンクも内部対策もしっかりしているメディアの乗ることで情報をしっかりお伝えすることができます。
2点目が評価の高いサイトからのリンクをもらえる。評価の高いリンクとは、宣伝をしてくれるメディアのことです。そのメディアからの外部リンクを貼るつけることで自社サイトの検索順位を上げることができます。外部リンクを増やせるということだけでかなりのメリットですね。メディアに載せることで大きなコストがかかりますが、そのぶんのメリットも大きいです、一度も試していない人は是非やって見てください。それともしSEO的な外部リンクを貼ってくれるようなPRサイトがあれば是非教えていただきたいです!!そうしたらこちらでまとめてSEO的な大事なペイドメディア第2弾をお伝え致しますね。マーケティング – トリプルメディア

自社PR型オウンドメディア

オウンドメディアは最近になって認知度が上がってきた情報です。オウンドメディア立ち上げの目的は、その言葉通りで、自社のメディアでそのブランド力の強化、情報発信力の強化を図ることです。
よくオウンドメディアの例としてあげられるのは食品系のサイトです。情報発信の方法として変化がわかりやすいですからね。
例えばですけど、マヨネーズの例をあげます。マヨネーズで従来の情報発信は、美味しく安く、手軽なマヨネーズです。のような淡白なものでしたね。ということで、「レタスをたのしむそれがマヨネーズです。レタスを使いこなすのではないのです。マヨネーズがレタスを使いこなすのです。」こう行った文句がいいでしょう。
さて、脱線しましたが企業の発信サイトがオウンドメディアです。最近よく見る役立つ情報はオウンドメディアの注目から来ていますよね。また、ユーザー参加型でプレゼントが当たるキャンペーンなどが開催されています。
メディアがマスから縮小して行っているのがよくわかります。
オウンドメディアが注目される理由

オウンドメディアマーケティングの利点って?

“mrt”

オウンドメディアマーケティングが近年注目されてきています。といってもそもそもオウンドメディアマーケティングがどのようなものなのか、まだ知らない方も多いでしょう。
そこで今回は、まだオウンドメディアマーケティングについてよく知らない人たちのためにも、オウンドメディアマーケティングとは何か、そしてどんなメリットが期待できるのかについてお話していきます。


オウンドメディアマーケティングとは
オウンドメディアマーケティングは自社所有のメディアを使ったマーケティングという事です。ちなみに自社で所有しているメディアは「オウンドメディア」と呼んでおり、これはインバウンドマーケティングの一つです。インバウンドマーケティングにはフェースブックやツイッターなど、ソーシャルメディアを使った手法も含まれています。


オウンドメディアマーケティングするとこんなメリットがある
・コンテンツの一つが資産化され、それがブランドイメージを形成する
・コスパが高くて明瞭
・消費者と長期的な信頼関係ができる


上位化する事もオウンドメディアマーケティングにおいて大切!
オウンドメディアマーケティングにおいては、検索結果の上位に自分のサイトを表示させる事も重要です。自社サイトへ集客する上でSEOは不可欠という事です。なぜなら検索エンジンからの流入はソーシャルメディアと違い、自社で検索窓にキーワードを入力するので、上位に表示されていれば必然的に毎月安定したアクセスが期待できるからです。

オウンドメディアマーケティングってなに

マーケティング分析でどんな事が実現できるの?

“analytics”

マーケティング分析から得られる洞察や知識は、それに基づいて施策を実施しない限り発揮される事はありません。マーケティング分析で得られた顧客情報に基づき、キャンペーンを持続的に回していく事により、マーケティングプログラム全体のパフォーマンスは上がっていきます。よりよい成果を生み出せるので、次のような作業も実現可能になってくるでしょう。


○マーケティンブ分析で実現できる事とは


・プロセスを最適化する
・適切な顧客対応を実施する
・必要に応じて戦略と戦術をコントロールする


マーケティング業務で目標を達成するための様々なツールが提供されてきていますが、多くの場合、フル活用されていません。このような中でマーケティンブ分析に取り組むために、何より重要になってくるのが、自分たちの分析業務における分析レベルを把握する事です。その結果を踏まえて目標とのギャップを特定し、そのギャップを埋めるための戦略を決定していくのです。

デジタルマーケティング分析とは?

オウンドメディアの定義について

“analytics”

みなさんこんにちは。今日は「オウンドメディア」についてもっと具体的にご紹介していきます。オウンドメディアについて詳しく知りたい方は、ぜひご参考にしてみてください。

オウンドメディアの定義とは

最近よく聞く「オウンドメディア」という言葉ですが、広く定義するのであれば「自己所有の媒体」となります。媒体と言えばwebサイトやブログが挙げられますが、オウンドメディアはそれだけに留まらず、広報誌や冊子のようにリアルな媒体も含むものです。

オウンドメディアの役割

広告スペースの都合上、伝えたい事を十分に伝えきる事ができない時、この広告効果を高めて穴埋めしてくれるのが「オウンドメディア」の役割です。 オウンドメディアはwebサイトやブログなど、自社で持っているメディアで多様なメディアを統合・補完する役割を担っています。フェースブックやツイッターに代表されるソーシャルメディアが普及してくるとどんどん多様化していき、企業とコンシューマーの接点も多様化して複雑になってきました。この中で各メディアを統合・補完していき、企業評価を高めてくれるのが「オウンドメディア」です。

本記事はオウンドメディアを参照しました。

オウンドメディアマーケティングをするメリット

“media”
 

みなさまこんにちは。今回初めてはオウンドメディアマーケティングを行うメリットをお伝えします。


まず、オウンドメディアマーケティングの目的は見込み顧客の獲得です。
オウンドメディアに情報を提供して、SEO施策を行うことで訪問ユーザーを見込み顧客へと育成します。
要は「何度も訪問してもらって、製品に興味をもってもらおう」というのがオウンドメディアマーケティングの目的です。


オウンドメディアマーケティングのメリットは自社の製品に興味を持ってもらって購入をする可能性が増えるということです。要はブランディングや広告費、顧客化へのノウハウなど色々なメリットがあります。
 しかし、デメリットとして成果が出るまで時間を要する、また、SEOとコンテンツ作成を行い続ける必要がある。
この2点です。


オウンドメディアマーケティングで効果を出すためにはコンテンツを作り続ける必要があります。それらを根気よくできるかが鍵を握っています。

オウンドメディアマーケティング

管理キーワードはビックキーワードだけ?

“mrt”
最近はミドルキーワードが非常に重要であることに気づき始めています。
なぜミドルキーワードが重要なのかまとめていきます。
1. ライバルが少ない
これは明らかのことですが、ビックキーワードは誰もが対策してたり使っているキーワードです。そのためSERP上位に上げるのは非常に難しいです。アドセンスでの副収入を狙っている人はあまりの結果の出なさに辞めてしまうほどです。しかし、ミドルキーワードならライバルも多くないのでSERP上位にあがる可能性が高くなります。
2. ニッチ市場に響きやすい
ミドルキーワードはかかれる内容が専門的になりやすいです。そのため、特定の人に響きやすくなります。
例えば、「海外でのマーケティングツール」こういったキーワードをターゲットとしたコンテンツを作ります。このキーワードは海外でのマーケティングする際にツールを使用したい人なので、それにぴったりの情報と製品を示してあげれば購入へと導きやすいです。
基本的にはこの2点です。
ビックキーワードより検索順位で上位になりやすい上に購入率も高くなりやすいキーワードということです。皆さんもミドルキーワードをお試しください。
listeningmind.com/

フェイスブックのマーケティングフォーマットに

“marketing”


フェイスブックに投稿可能なコンテンツフォーマット


1.テキスト:フェイスブックのステータスウィンドウに入れるplain textを指します。単独で使われることはほとんどなく、ほぼ画像一枚や動画などの他のコンテンツと一緒に使われる場合がほとんどでしょう。


2.リンク:外部に作成された文をリンクする場合です。ほとんど自体ブログの記事のアドレスをリンクするんです。注意すべき点は、アドレスを貼り付けをするとすぐに自動的に出てくる、Facebookの外部リンクのフォーマットを利用してください。テキストウィンドウに顧客の流入のためにアドレスを入れるのはアルゴリズム上良くない判定を受けます。


3.画像:写真アルバム機能がカードニュースに使われるなんて…テキストの読破率が低下し、このような現象が発生したようです。米国はまだカードニュースという概念はありませんですよ。 Air BnBの米国ページと韓国のページを比較してみると、その違いに気づくことができます。


4.動画:タイムラインで再生のみされると、一度カウントがされるので、デジタルエージェンシーで非常に好きだとします。 (成果水増し… ?!)Facebookはすでにユーザーが動画の音声をオンになって、全画面表示に回して見たのかなど、ディテールな情報まで収集しながらユーザー別に最適のタイムラインを作成するためのアルゴリズムを継続改善しているんです。


多くのコンテンツタイプがあるが、効率性、生産性を考えるなら、カードニュースフォーマットをお勧め致します。
フェイスブックのアルゴリズムで優先タイプが存在します。フェイスブックニュースルームブログを頻繁に見れば、このような情報を迅速に得ることができますよ。動画、画像、リンク、テキストの順とします。
その後、一日にどのくらいのポスティングすることがよいでしょうか?ここでは、徳中徳仁陽徳の専門家の方々が分析た研究結果があります。


ポスティング周期はどのくらいが適切でしょうか?


投稿後の最初の3時間以内に75%の者にコンテンツが公開されます。
投稿するとすぐ最初の3時間以内には、急な幅でページの購読者にコンテンツが配信開始します。しかし、3時間が経過すると、ほぼ傾きがゼロに収束するとします。つまり継続ページ購読者と疎通してメッセージを転送する3時間ごとに1回の投稿してください。


競合他社フェイスブック流入できることを確認


専門のソリューションを使用する必要があります。デジタルマーケティング分析とは?