Today is: Sunday, 17th September 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

検索エンジン最適化をする上での注意点3撰

○常に安全対策を張っておく
Googleのアルゴリズムは残念ながらどんどん厳しくなってきています。マイナス判定される可能性も高いので、弾かれないように常に安全対策をしっかりしていかなければなりません。
○怪しい検索エンジンツールは使わない
一見魅力的に見える検索エンジン最適化のためのツールでも、胡散臭いものを使ってしまうと効果は逆行してしまいます。
最良の検索エンジンツールがあるとすれば、それは検索エンジン最適化に関する地道な作業を効率化してくれるものです。
○お金をかけたからといって効果が高まるわけではない?
お金をかけて検索エンジン最適化する事も可能ですが、コストを積んだからといって検索上位の結果が上に上がるとは限りません。確かに一定の効果はあります。しかし検索エンジン最適化で上位に表示されて、さらにそこから利益を得るためには、長期的な視点で見た時に、訪問者数とコンバージョン率が最大になるような検索エンジン最適化です。
短期で成功したとしても、それは長く続きません。検索エンジン最適化ではこちらのように緻密さが重要です

検索エンジン最適化とは?

みなさん、こんにちは。今回は検索エンジン最適化について話していきたいと思います。検索エンジン最適化とは、通称「SEO」とも呼ばれ、「Search Engine Optimization」の日本語訳です。
検索エンジンとしては、GoogleやYahoo!などが一般的ですが、これらの検索エンジンでより上位表示されるような有利性を目指し、自然な状態での検索結果でユーザーの獲得を目指すというのがそもそもの意味となります。
この「自然な状態で」というのは、企業側からの一方的な広告ではない部分のことをこのように呼んでいます。ネットユーザーは何か調べたいことがあって検索を行なっていますが、情報を受動的に収集しているわけではなく、自分にとって役立つ情報を能動的に収集しているので、そのまま自社サイトに誘導することができれば、見込み客から顧客へのシフトが起こりやすいというのが一般的です。
だからこそ、各企業や店舗もこの検索エンジン最適化であるSEOに力を入れているところは多く、集客だけでなく売上や利益増にも期待しているのです。
SEOチェックでSEOのレベルも調べてみましょう

SEOで結果を出したい人のためのコツ~リンクとの関係

SEO対策をしている人や企業が最近増えていますが、ただやみくもに始めても意味がありません。そのため、SEOを始める時にはコツを抑えてやっていく必要があります。それではどのようなコツや注意点があるのかについて、ご説明していきましょう。
・リンクを増やし過ぎないこと
初めてSEOをやる人は誤解しやすいのですが、リンクを増やせばいいというわけではありません。SEO対策にはりきってついリンクを増やしすぎてしまうのはよくありがちですが、これは逆効果となります。
複数のサテライトサイトを使って被リンクを大量に送っても、その後のメンテナンスをしなかったばかりにすぐにランクが下がってしまう事はよくあります。
※サテライトサイト…
SEO対策やターゲット層を広げるために、自社サイトとは別に設けたサイドのサイトの事。本サイトに関連したサイトであれば、リンクの目的だけでなく、そのサイト自体からも集客が見込めるため効果的。
○まとめ
一気にリンクを増やさずに、時間をかけて継続的にアプローチする事が大切です。

オウンドメディアの特徴、強みとは何か

オウンドメディアとは、簡単に言ってしまえば企業が運営するメディア(自社サイトなど)のことです。これまでのメディア事業では、企業宣伝に特化した企業が行うのが普通でした。そのため情報収集も細かくやる必要があり、専門性が不可欠でした。
言ってみれば専門職でもあったため、それに特化した企業が独占的にメディアを運営していたと言えます。
しかしオウンドメディアでは、そのようなメディア事業とは異なり、企業が直接ユーザーに働きかけていきます。
○オウンドメディアの特徴
専門メディアでは取り上げられないですが、特定のトピックに興味をもつユーザーに対し、
企業独自の情報を与え、知名度をアップさせ、見込み客を確保していくのがオウンドメディアのです。
オウンドメディアは「コーポレートサイト」としての役割もあるので、その企業のサービス内容やブランド力など、情報発信を積極的に行っていきます。
その分野の専門性が高い情報を発信していける事が「オウンドメディア」の魅力です。オウンドメディアが注目される詳しい理由

SEOにマッチしたコンテンツ作りを

SEO対策といっても、何から始めればいいかわからない!という人もいますよね。初心者も上級者も、SEOといったらまずは良質なコンテンツ作りが重要です。
○高品質なコンテンツ制作を
良質なコンテンツ制作は、SEOだけでなくwebマーケティング全体で必要です。
SEO対策をしていくのであれば、コンテンツのクオリティを高くする必要があります。
情報検索するユーザーは、様々なサイトから情報を比較しながら情報を取得していきます。
しかし検索結果の上位に表示された他のライバルサイトと比べると、情報量やクオリティ、わかりやすさ、オリジナリティなど、何か優位点がなければあなたのサイトは選ばれません。SEO対策するには、厳しい競争に打ち勝たなければいけないという事を意味しています。
○そもそもコンテンツって何?
webマーケティングが主流になってきた今、「コンテンツ」をいう用語もよく聞くようになってきました。出版や制作の業界において、「コンテンツ」というと教養や娯楽に属する著作物であり、受け手の文脈に応じた情報や体験を提供するものです。
ユーザーが検索するという事は、知らない事を知りたいからです。
SEOを効果的に実施するには、企業目線で伝えたい情報だけを一方的に発信するのではなく、検索者の目線に立って、検索者にとって役立つ情報は何か考えなければいけません。SEOでマッチしたコンテンツに必要なことをお伝えします。

経理担当者にも役立つオウンドメディアもある

最近「オウンドメディア」という言葉が流行ってきていますよね。現代では、多くの企業がオウンドメディアに関心を寄せているのではないでしょうか。
○オウンドメディアを立ち上げる企業は増えている
最近ではオウンドメディアを運営する企業がグンと増えてきています。国内だけでもその数数千、数万以上にのぼるとも言われていて、とにかく把握しきれない程のwebサイトやオウンドメディアがあります。今後もますます増えていくと予想されますが、実際にどのようなオウンドメディアのニーズがあるのでしょうか。ここで、優良なオウンドメディアを一つご紹介します。新しいオウンドメディア立ち上げの参考にしてみてください。
○経理プラス
株式会社ラクスが展開している、経理担当者には心強いオウンドメディアです。
まさに業務効率化を目指すためにぴったりなオウンドメディアで、テンプレートやダウンロード、経理ニュース、経理豆知識などのカテゴリをわかりやすく配列しています。経理に関して知りたい情報や、作業効率を上げてくれるようなお役立ちテンプレートを提供しています。経理に関するオウンドメディアの事例をご紹介

マーケティングツールを使うと顧客分析が楽になる

マーケティングツールを使うと顧客分析に役立てる事ができるため、最近便利なツールとして注目されています。
○顧客分析するにはどうしたらいいのか
顧客分析していくには年齢や性別など、顧客のデモグラフィックの特性以外にも顧客の購買行動や購買履歴をベースとした顧客セグメントを行い、各セグメントの顧客構成や、その変化を時系列で捉える必要があります。特に優良顧客の取引維持・拡大やセグメントランクアップ対策は、最も優先すべきポイントです。
店舗や部門単位で行う事によって、購買行動に合った顧客を分類する事も大事でしょう。
この情報をもとにして、優良顧客や成長顧客などに対するさらに明確な対策していけるからです。
ネットやデータセンターでの運用セキュリティは万全ですが、個人情報に関わるデータを外部センターで処理する事に対して不安な場合、顧客分析には個人を特定できる顧客名や住所などは使わないため、分析結果と個人データとの顧客コードさえあれば、分析の目的は果たせます。
顧客分析では顧客名や住所は基本的に使わないので、分析結果と個人データとのマッチングキー(=顧客コード)さえあれば、分析の目的は果たせるでしょう。
色々ある中から、アクセス解析ツールを紹介してます/

SEOと関連キーワードの関係性

こんにちは。今日はSEO対策についてのお話です。最近web業界ではSEO対策が必要不可欠になってきていますよね。自社サイトをもっとアピールするためにも、検索結果で上位に表示させると効果的なのですが、その対策としてSEOが求められています。
自然検索は費用がかからない上に、リスティング広告よりもクリック率が高まるのでメリットは大きいのです。
○「関連キーワード」がSEO対策の基礎
SEO対策の基本は、関連キーワードを用いることです。例えば車に特化したサイトであれば、「車」というのがまず基本のキーワードになりますよね。そこから派生して、「車 運転」など、複合キーワードが連想されます。SEO対策においては、この関連キーワードを選定する事から始めていきます。まずは根拠を持って選んでいかなければいけません。
ごく簡単なことですが、実はこれがSEOの中でも最も重要な段階であり、考えるのに時間がかかります。それは分析する必要があるからです。逆に言えば、この段階できちんと分析して効果的な関連キーワードを考えることができれば、それだけSEO対策の成功率も高まるということになります。
いかに関連キーワードがSEO対策で重要なウェイトを占めるか、わかっていただけたでしょうか。インバウンドマーケティングとSEOの関係性についてです。

オウンドメディアとは何か、その強みとは

最近、「オウンドメディア」という言葉を聞くようになってきましたよね。とはいうものの、いまだによくオウンドメディアがわからないという方もいるでしょう。今回はそのような方のためにも、「オウンドメディア」とは何かについてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。
○オウンドメディアを簡単に言うと…
オウンドメディアとは、早い話がweb上で運営している「自社メディア」の事を指しています。そのわかりやすい例と言えば、企業のコーポレートサイトやスタッフブログなどが挙げられます。
○オウンドメディアの強み
・ユーザーにアピールできるコンテンツが作りやすい
オウンドメディアは他のメディアと違っていて、SNSや広告枠に依存していないので、表現のフォーマットにも制限がありません。自分たちで企画・運営していけるので、ユーザーに訴えかけやすいコンテンツ作りができるでしょう。
・見こみ客を獲得できる
オウンドメディアを作る事によって、見込み客を得やすくなります。ユーザーにとって有益な情報を与える事によって、ユーザーとの間に信頼関係が構築でき、結果的に顧客へとステップアップしてもらうというのがオウンドメディアの特徴なのです。SEOをしっかり行ったオウンドメディアの事例です。

マーケティングツールにはこんなものがあります

マーケティング活動において、企業が駆使できる手段を「マーケティングツール」といっています。これは広報活動や流通経路、価格や広告、製品などの事で、「マーケティングミックス変数」とも言います。マーケティングツールには様々なものがあるので、今回はその中でもいくつかご紹介していきましょう。
○GoogleAnalytics
最も有名なWebアクセス解析やマーケティング分析ツールが「GoogleAnalytics」です。
グーグルの持つAdsenseやAdwordsなどと連動させる事により、広告費の最適化が容易にできるのです。最近では高度な機能も装備されてきており、無料のWeb解析ツールとしては世界最強と言えるでしょう。
○AIアナリスト
AIアナリストは「wacul」というwebコンサルティング会社が開発したサービスです。
wacul社のシニアWebサイト改善コンサルタントが行っていた調査や分析のノウハウを、惜しみなくアルゴリズム化して自動分析してくれます。
具体的な改善すべきページを教えてくれて、その理由を数字で示してくれるのもメリットです。GoogleAnalyticsと連携する事によって、さらに力を発揮してくれるでしょう。
○Repro
ビッグデータ解析を使ったアプリマーケティングツールです。定量分析だけでなく、定性分析もできるのが特徴です。利用者が使っていたアプリケーションの操作動画を録画し、Repro側に送り届けます。定量的にマジックナンバー分析やファネル分析などを行った上で、
どうしてそのような結果になったのか、動画を使ってチェックできるのです。
実装も比較的簡単です。
○終わりに…
日本でもマーケティングの重要性が高まっていく中、どのようにして自分のマーケティング体制を作って継続的な成長につなげていくのかというのも大切です。その中でもツールの必要性を見極めていき、導入と活用を進めていくといいでしょう。無料競合分析ツール/はいかがですか。