Today is: Thursday, 16th November 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

マーケティング分析を行う際の注意点

マーケティングでは分析が欠かせませんが、ただやみくもに分析していればいいというわけではありません。
分析を行う時にはあらかじめ知っておくべき事があります。
マーケティング分析に役立つビジネスフレームワークは数多く存在しており、経営戦略に生かしていけますが、データをもとに分析していくには、注意点も必要です。
次のような事に気をつけましょう。
○明確なゴールを持って分析していく
何のために分析しているのか?と、明確なゴールを持って分析していくようにしましょう。
目的を持つ事は、マーケティングでは基本中の基本です。
データ分析のゴールのことをいっているのですが、このようなゴールがなければ、一体何のためにデータ分析しているのかわからなくなってきてしまうでしょう。
そもそもデータ分析を行う根本には、より効率的なマーケティングを展開し、ビジネスチャンスを増やしていく、売上を伸ばしていくなどの目的があります。
このような要望があれば、自然と目的が見えてくるでしょう。
これがもし「ビッグデータ分析が流行っているから~」など、テキトウな理由でデータ分析を行っていても、そもそも何のデータを分析すればいいのかわからなくなってしまいます。
そのため、データ分析をする時には、明確なゴールを持つようにしましょう。
○分析する事で戦略が見えてくるとは限らない
データ分析は、あくまで経営戦略やマーケティングに有効なデータを得るための方法だと
考えましょう。
そのため、データを目にしてその後どうすればいいのか?というのは、マーケター次第です。本記事はマーケティングを参照しました。

検索エンジン最適化のためのポイント

検索エンジン最適化は、ただやみくみにやれば順位が上がるというわけではありません。
検索エンジン最適化ではコツもあります。
検索エンジン最適化を成功させるには、
そのコツをきちんと抑えておく必要があります。
それでは、検索エンジン最適化をしていくにあたっては、
どのようなことに気を付けていけばいいのかご紹介していきます。
是非ご参考にしてみてください。
○検索エンジン最適化を成功させるためのルール
・キーワードを羅列しないこと
・タイトルにキーワードを盛りこむ
・文章は簡潔になるように心がける
・タイトルは20~30文字以内でまとめる
・タイトルは重複しないようにする
検索エンジン最適化の基本的な事になりますが、タイトルにキーワードが含まれていなければ、グーグル検索で上位に上がってくることはまず難しいと言えるでしょう。
ライバルの多いキーワードを使ってサイト制作する時こそ、
タイトルにキーワードを入れこむ必要があります。そしてそのタイトルの内容も重要です。SEOチェック

今からでもよくわかる!オウンドメディアマーケティングって何?

皆さんこんにちは。
今日は最近よく耳にする「オウンドメディアマーケティング」についてのお話です。オウンドメディアを使って行うマーケティングがオウンドメディアマーケティングですが、
正直いまひとつピンと来ない…という方もいるでしょう。
そのような方にもわかりやすく、今日はオウンドメディアマーケティングについてご紹介していきます。
○オウンドメディアはブログとは違う!
オウンドメディアはブログのようなものと考える人もいますが、ブログとは違うものです。
オウンドメディアは自社所有の媒体になるのですが、webサイトやブログだけに関わらず、広報誌や冊子のようにリアル媒体も含むものです。
webサイトやブログなど、自己所有のメディアで様々なメディアを統合する中心的役割です。
SNSの普及と多様化に伴い、企業とユーザーの接点は今多種多様です。
この中で各メディアを統合・補完していき、企業評価を相乗的に高めていくための戦略が
オウンドメディアマーケティングです。オウンドメディアマーケティングについてより詳しい情報はオウンドメディアをご覧ください。

マーケティングの分析に役立つSWOT分析とTableauのご紹介

マーケティングの分析に活用できる便利なフレームワークはいくつかあります。
今日はその中でも「SWOT分析」と「Tableau」についてご紹介していきます。
○Tableauについて
Tableauとは、次にとるべきアクションにつながるインサイト(消費者の購買意欲の核心やツボ)を、データから引き出せるようにサポートしてくれるものです。
ビジュアル分析によって、制限なくデータを探索できるのも魅力でしょう。
ダッシュボードを作り、数回クリックするだけでも専門的な分析が実行できます。分析は誰とでもシェアできますし、大きなインパクトをビジネスにもたらしてくれます。
国際的な企業から中小企業、新興企業まで、どのジャンルにおいても、Tableauを使ってデータを見て理解できるよになります。
○SWOT分析とは何か?
SWOT分析とは、ビジネスシーンでよく用いられる分析法の一つです。
SWOT分析のいては、分析する目的を明確にし、SWOT分析を使って分析しながら独自の
洞察を加えると、ワンランク上の結果が導き出せるでしょう。デジタルマーケティング分析とは?

検索エンジン最適化をする上での注意点3撰

○常に安全対策を張っておく
Googleのアルゴリズムは残念ながらどんどん厳しくなってきています。マイナス判定される可能性も高いので、弾かれないように常に安全対策をしっかりしていかなければなりません。
○怪しい検索エンジンツールは使わない
一見魅力的に見える検索エンジン最適化のためのツールでも、胡散臭いものを使ってしまうと効果は逆行してしまいます。
最良の検索エンジンツールがあるとすれば、それは検索エンジン最適化に関する地道な作業を効率化してくれるものです。
○お金をかけたからといって効果が高まるわけではない?
お金をかけて検索エンジン最適化する事も可能ですが、コストを積んだからといって検索上位の結果が上に上がるとは限りません。確かに一定の効果はあります。しかし検索エンジン最適化で上位に表示されて、さらにそこから利益を得るためには、長期的な視点で見た時に、訪問者数とコンバージョン率が最大になるような検索エンジン最適化です。
短期で成功したとしても、それは長く続きません。検索エンジン最適化ではこちらのように緻密さが重要です

検索エンジン最適化とは?

みなさん、こんにちは。今回は検索エンジン最適化について話していきたいと思います。検索エンジン最適化とは、通称「SEO」とも呼ばれ、「Search Engine Optimization」の日本語訳です。
検索エンジンとしては、GoogleやYahoo!などが一般的ですが、これらの検索エンジンでより上位表示されるような有利性を目指し、自然な状態での検索結果でユーザーの獲得を目指すというのがそもそもの意味となります。
この「自然な状態で」というのは、企業側からの一方的な広告ではない部分のことをこのように呼んでいます。ネットユーザーは何か調べたいことがあって検索を行なっていますが、情報を受動的に収集しているわけではなく、自分にとって役立つ情報を能動的に収集しているので、そのまま自社サイトに誘導することができれば、見込み客から顧客へのシフトが起こりやすいというのが一般的です。
だからこそ、各企業や店舗もこの検索エンジン最適化であるSEOに力を入れているところは多く、集客だけでなく売上や利益増にも期待しているのです。
SEOチェックでSEOのレベルも調べてみましょう

SEOで結果を出したい人のためのコツ~リンクとの関係

SEO対策をしている人や企業が最近増えていますが、ただやみくもに始めても意味がありません。そのため、SEOを始める時にはコツを抑えてやっていく必要があります。それではどのようなコツや注意点があるのかについて、ご説明していきましょう。
・リンクを増やし過ぎないこと
初めてSEOをやる人は誤解しやすいのですが、リンクを増やせばいいというわけではありません。SEO対策にはりきってついリンクを増やしすぎてしまうのはよくありがちですが、これは逆効果となります。
複数のサテライトサイトを使って被リンクを大量に送っても、その後のメンテナンスをしなかったばかりにすぐにランクが下がってしまう事はよくあります。
※サテライトサイト…
SEO対策やターゲット層を広げるために、自社サイトとは別に設けたサイドのサイトの事。本サイトに関連したサイトであれば、リンクの目的だけでなく、そのサイト自体からも集客が見込めるため効果的。
○まとめ
一気にリンクを増やさずに、時間をかけて継続的にアプローチする事が大切です。

オウンドメディアの特徴、強みとは何か

オウンドメディアとは、簡単に言ってしまえば企業が運営するメディア(自社サイトなど)のことです。これまでのメディア事業では、企業宣伝に特化した企業が行うのが普通でした。そのため情報収集も細かくやる必要があり、専門性が不可欠でした。
言ってみれば専門職でもあったため、それに特化した企業が独占的にメディアを運営していたと言えます。
しかしオウンドメディアでは、そのようなメディア事業とは異なり、企業が直接ユーザーに働きかけていきます。
○オウンドメディアの特徴
専門メディアでは取り上げられないですが、特定のトピックに興味をもつユーザーに対し、
企業独自の情報を与え、知名度をアップさせ、見込み客を確保していくのがオウンドメディアのです。
オウンドメディアは「コーポレートサイト」としての役割もあるので、その企業のサービス内容やブランド力など、情報発信を積極的に行っていきます。
その分野の専門性が高い情報を発信していける事が「オウンドメディア」の魅力です。オウンドメディアが注目される詳しい理由

SEOにマッチしたコンテンツ作りを

SEO対策といっても、何から始めればいいかわからない!という人もいますよね。初心者も上級者も、SEOといったらまずは良質なコンテンツ作りが重要です。
○高品質なコンテンツ制作を
良質なコンテンツ制作は、SEOだけでなくwebマーケティング全体で必要です。
SEO対策をしていくのであれば、コンテンツのクオリティを高くする必要があります。
情報検索するユーザーは、様々なサイトから情報を比較しながら情報を取得していきます。
しかし検索結果の上位に表示された他のライバルサイトと比べると、情報量やクオリティ、わかりやすさ、オリジナリティなど、何か優位点がなければあなたのサイトは選ばれません。SEO対策するには、厳しい競争に打ち勝たなければいけないという事を意味しています。
○そもそもコンテンツって何?
webマーケティングが主流になってきた今、「コンテンツ」をいう用語もよく聞くようになってきました。出版や制作の業界において、「コンテンツ」というと教養や娯楽に属する著作物であり、受け手の文脈に応じた情報や体験を提供するものです。
ユーザーが検索するという事は、知らない事を知りたいからです。
SEOを効果的に実施するには、企業目線で伝えたい情報だけを一方的に発信するのではなく、検索者の目線に立って、検索者にとって役立つ情報は何か考えなければいけません。SEOでマッチしたコンテンツに必要なことをお伝えします。

経理担当者にも役立つオウンドメディアもある

最近「オウンドメディア」という言葉が流行ってきていますよね。現代では、多くの企業がオウンドメディアに関心を寄せているのではないでしょうか。
○オウンドメディアを立ち上げる企業は増えている
最近ではオウンドメディアを運営する企業がグンと増えてきています。国内だけでもその数数千、数万以上にのぼるとも言われていて、とにかく把握しきれない程のwebサイトやオウンドメディアがあります。今後もますます増えていくと予想されますが、実際にどのようなオウンドメディアのニーズがあるのでしょうか。ここで、優良なオウンドメディアを一つご紹介します。新しいオウンドメディア立ち上げの参考にしてみてください。
○経理プラス
株式会社ラクスが展開している、経理担当者には心強いオウンドメディアです。
まさに業務効率化を目指すためにぴったりなオウンドメディアで、テンプレートやダウンロード、経理ニュース、経理豆知識などのカテゴリをわかりやすく配列しています。経理に関して知りたい情報や、作業効率を上げてくれるようなお役立ちテンプレートを提供しています。経理に関するオウンドメディアの事例をご紹介